海外へのチケット購入で、完全に下手こいたというお話。

あとで読む

f:id:colombiacolom:20180330054844j:plain

飛行機のチケット購入は、インターネットの普及で飛躍的に楽になったと言えます。ただそんな中でも意外な部分が盲点となり、長期の旅の障害となることがあります。

今回は海外へのチケットを購入する時、こんな事は避けてほしい点を、私自身の旅の失敗からお伝えしたいと思います。

空港で怪しまれたのは、チケットにも問題があった?

オーストラリアのシドニーに着いて、荷物を探すのに手間取ってウロウロし、格好にも問題があったからか、空港の警備員(もしくは警察官)に怪しまれるはめに

詳細はこちらをどうぞ。

www.colombiacolom.site

彼が私を怪しい奴と思った原因は、私が空港をウロウロしていて、格好が黒づくめで髭もじゃだったからだけではないようです。

 

それは荷物が多いのに、帰りの日程が、3日後になっていたからでした。

ダウンジャケットと、ズボンのポケットから出した荷物をしまえと指示され、聞かれたのは、 -「なんで、3日後に帰国するのに、こんなに大きな荷物持ってるんだ ? 」と。

 

ああ疑ってるのは、そこなのかやっと気がついて、

-「 これから、色々な国を巡る旅にでるんですよ。ここシドニーは、その旅の始まりで、帰りのチケットは捨てて、違うチケットを買って色々と移動する予定です。」とつたない英語とジェスチャーで答えると、

 

チケットを何度も見ては私を睨み付けるばかり。(こいつ怖えー) 残念なことに全く信用してくれなくて、内線で仲間を1人呼ばれ、二人に何度も同じ質問を繰り返されることに。(そもそもなぜ2人に増えたんだ?)意味がわからん。

何とかこの状況を抜け出そうと、それ以外の返答がないか考えていたら、日本で2日だけ予約しておいたユースホステルのことをふと思い出したので、住所が書いてあるメモを出してそれを見せることにしました。でも結局それでも信用してくれず、馬鹿デカい台の上に、バッグに入っているものを全部出すから持ってこいって指示されました。

 

ホントに、2人とも威張ってたな~

f:id:colombiacolom:20180330054945j:plain

仕事柄、相手を威嚇する必要があるのかもしれないけど、それは、何かこっちが悪いことをしてからにしてくれよと思いましたね。(まぁ自業自得ですが) 二人は私に荷物には一切触るなと指示し、二人で荷物をせっせと出しては、[これは何だ?] と私に聞いて、それに私が答えるという作業が荷物を全部出し終わるまで延々と続きました。

 

 

荷物を全部出して質問完了後、彼らが言ったのは、「しまっていいぞ!!

 

こいつら、マジかーって思いました。この時は完全にキレてましたね。血圧急上昇ですよ!もう日本語で、〇ソが!!!、✖✖〇ソとか口走ってましたねー。(思い出しました)

荷物が多かったのでホント頭にきて、日本語でかなり悪態つきながら全部バッグにしまうと彼らはあきらめたのか、「着いてこい!」と言うので着いていくと、違う部屋に入れられパスポート出して、ここに並べって指示されました。そこには集団が30人くらい並んでいて、私はその最後尾に並ぶことに。(なんだよ、これ待つのかよー)マジでふざけんなって思いましたよ!

 

着いたそうそうこんなハプニングに遭遇して、列の前に30人くらいいるから、なかなか自分の番がこないし、待つ間に怒りも薄れてもうぐったりでした。

やっと自分の番がきて、「あのグループと一緒ですか? 」とか、「何をしに来たのか ?」とか聞かれて。今日、何回目なんだよ!!っていう質問を一通りされて、入国許可の判子を押されてやっと解放です。(マジで疲れました)

 

この時、時間はすでに、20時すぎ。(16時ちょい過ぎについてその時20時!)f:id:colombiacolom:20180330055153j:plain

着いてから何時間たってんだよ !!

〇ソ。まだ、空港すら出れていないなんて!!!って感じでした。

 

直陸した時は、暗くならないうちに宿まで行けそうだとホッとしていたのに、完全に予定が狂いました。

なぜ帰りの日程が3日後になっていたのか?

それは初めての海外だったので、海外へのチケットを扱っている店舗を調べて、その店舗まで行って色々と聞いてチケットを購入したのですが、その時の担当の方とのやり取りで、

 -「帰りの日はいつにしますか?」
 -「いつでもいいんですよね。色々な国を旅してから帰ってくる予定なので。間違いなく、その日程の内には帰ってこないと思います。」

-「それでも一応、3ヵ月後にできるので、そうしておきますか?」

-「いや1日後でもいいですよ。どうせ使わないので。」

-「う~ん1日後だと何かあった時に対応しにくいので、一応3日後くらいにしいておきましょうか?」

-「そうですね。じゃあ、そうしてください。お願いします。」

 本当にアホですね。(我ながら救いようがないですね)

どうしておけば良かったのか?

前回の失敗もそうですが、今回の失敗も海外チケット購入時に簡単に防げたはずです。単純に担当の方が最初に勧めてくれた通り、設定可能な日程の3ヶ月後にしておけばよかっただけです。

まあ往復のチケットの帰りの分を使わずに、帰りのチケットを買って帰国するような旅を予定している方はそういないと思いますが、もし色々な国を長期に渡って旅する場合は帰りの日程を余裕のある日付にしましょう。