海外で英語ができなくて、エライ目にあったというお話。

あとで読む

f:id:colombiacolom:20180330060257j:plain

海外を旅していると様々な出会いがあります。良いもの悪いもの、記憶に残るもの残らないものといった具合に。そんな中、海外で英語が話せなかったゆえに出くわした失敗を元に、旅の中での出会いとどう向き合っていくのかについてお伝えしたいと思います。

 海外で知らない人に声をかけられたら、どうなった ?

オーストラリアのシドニーに到着後、空港からタクシーに乗って、日本で予約しておいたユースホテルに何とか入ることができました。髭もじゃのタクシーのおじさんとの話はこちらをどうぞ。

www.colombiacolom.site

そのユースホステルには高校生?くらいの2人組が受付をしていて、何かワーっと言ってきたけど、彼等の英語を全く理解できません。(全く勉強していなかったので当然の結果なのですが)

宿の予約の紙を出し、今日と明日泊まる予定で支払いは日本で済ましていると説明したら、部屋番号お教えてくれて部屋の鍵と、この宿に泊まっている人用のルールが書かれた紙を手渡されました。なんとここで注視事項が日本語で書かれた紙もくれました!(これが無かったらと考えるとゾッとします!)

初の海外で英語ができないことで生じるマイナス面を空港でまじまじと見せられ、このユースホステルでの英会話のできなさにとどめを刺された感が強かったです。

 

部屋に入ると二人部屋で、同居人に簡単なあいさつをして、地球の歩き方・オーストラリア編を読みながら、どうするかを考えていると空港での出来事の疲れがどっと来たのか猛烈な睡魔に襲われて、長い一日が終わりました。

次の日、シャワーを浴びて今後のことを考えるも全く良い考えは浮かばず。そもそも海外に行って何をするかを漠然としか考えていなかった私に、急に良いアイデアが浮かぶわけもありません。腹が減ってきたので受付で教えてもらった(もちろんジェスチャーで)近くのピザ屋に行って腹ごしらえをして、街を散策しながら今後のことを考えることにしました。

f:id:colombiacolom:20180330060351j:plain

これからどうするかの最重要事項と考えたのは、相手の言っていることが、全くといっていいほどわからないことをどうするかでした。英語圏(海外)で英語ができないとこんなに辛いのかというのを1日で理解させられました。

ホテルの近くの小さな公園で、地球の歩き方・オーストラリア編を読んで考えていると、アジア人(確かタイ人って言ってました)の女性と、白人の男性が声をかけてきました。最初、私に声をかけたとは思わなかったのでそのまま本を読んでいると、再度、何か言ってきたので、「んん、俺か ?」と思い「英語、話せないよ。」と言うと、

-「近くに日本語話せる人いるよ。連れていってあげようか?」と、片言の日本語で言うではありませんか !!!

-「マジか、ラッキー。」
-「俺って、ツイてるな~。」

そんな軽い感覚で彼らについて行くことにしました .......

歩きながら、つたない英語でどこに住んでいるのか等の話しをして、こちらがその日本人は何をやっている人なのかを聞いたら、すぐそこだから行けばわかるとしか言わないので、少し怪しいな~と感じながらもまあ何とかなるでしょと考えてついて行くと、10階立てくらいの綺麗なビルの前で、「ここだよ。」と言われました。

 

一緒にビルに入ると、変な銅像があって、あ~なるほどな~と思いましたが、乗りかかった舟と思い(アホかー!) 、ついて行くと日本人の女性が出てきました。彼らに彼女を紹介してもらい、2日ぶりの日本語での会話にちょっとホッとしたのを覚えています。(マジでアホです) 本当はホッとしてる場合ではなかったのですが、初の海外で英語がわからなすぎて判断力が低下していたとしか考えられません。

 

思考能力が低下していた私は、その女性に英語を上達させるには何がお勧めですかと聞くと、(ちなみになぜこんな会話をしたのか今でも意味不明です)

-「 外国人のいる所に住み込みで働いたらどうですか?

-「 うちでもできますよ。」と言われました。

それは絶対に嫌だったので、一応、ここはどんなことをしている会社(または組織)なのかを伺うと目を輝かせた彼女は、ここは人間が幸福になるための組織で云々という長い話しをして、

 

-「ここで住み込みで働くべきです。」としつこく勧められる予想通りの展開に。

f:id:colombiacolom:20180330060524j:plain

 

ビルに入る前に、何とかしろよって思いますね~。(昔の俺よ)

 

流石にこれはまずいと感じて、相手の話しが切れたタイミングで「少し帰って考えさせてください。」と言ってこの場所から脱出しようと試みたのですが、それによって彼女の勧誘の勢いが弱まることはなく、ここで働くことに同意してサインする書類を見せてきました。

 

そこには色々な注意事項が書いてあって、最後に [ここで、○○万年働くことを誓います。] と書いてありました。

f:id:colombiacolom:20180330060556j:plain

ホント、マジで、笑えねーー!!

今となっては単なる笑い話ですが、その時は全く笑えません。怒らせるとプラスになることはないと思い、-「すぐに答えは出せないので、少し考えさせてください。」と言って部屋から出ようとすると連絡先を教えてくれとしつこく言われ、教えないと帰さない雰囲気なので、しょうがなくホテルの電話番号を教えて、後は強引に部屋を出てビルから脱出しました。最悪だと感じたのは、電話番号だけでなく、彼らに住んでいる場所を知られてしまったということでした。ビルに行く途中の会話の中で、あの辺のユースホステルに住んでいると伝えてしまったからです。

あと何日かはそのユースホステルに滞在して、今後のことを考えようと思っていたのにそれが難しくなりました。すぐにホテルに帰りたくなかったので、その辺りを歩いてインドかネパールのカレー屋で夕食を食べ、時間をつぶしてホテルに帰りました。受付で伝わったかは定かではありませんが、自分あてに電話がかかってきてもいないと言ってくれと伝えて、明日、出ていくための準備をするはめになりました。

海外で声をかけられてどうすべきだったのか?

当然、ついていくべきではなかったと断言できます

声をかけてくる人の中には、もちろん良い人もいますが、変な人や悪い人も沢山います。旅の途中で色々な人と出会い交流することは旅の醍醐味の一つなので、全てを拒絶してしまうのも味気なく感じます。

相手をよく観察して、話している内容に違和感を感じたら、その自分の感覚を信じて、そういった相手を上手く回避していきましょう。

あちら側から声をかけてきて良い話しがあるという場合は、特に気をつける必要があります。また違う場所へ誘導しようとする場合はきっぱり断りましょう。どうしても相手と会う必要がある場合は、あちらの指定した場所で会うのではなく、こちらで場所を指定しましょう。危機察知の感度を高めておくことが大事です。

海外ではどんなことを意識しておくべきなのか?

日本は非常に治安が良いですし、荷物から目を離していても盗まれる危険はほとんどありません。外国では置き引きひったくりの類いは非常に多いので、外国にいるということを常に頭の中で意識して、荷物は目の前におきましょう。

また現地に行ったことがある人から、どこどこは安全だったという話しを聞いても、それを鵜呑みにしないようにしましょう

現地のホテル等で、情報収集するのがお勧めです。私は、オーストラリア、カナダ、アメリカ、コロンビアなどで、ホテルの従業員の方に、あの辺には行くなと危険な場所を教えてもらいました。親切に教えてくれる人は沢山います。海外にいることを強く意識して現地の生の情報にしっかり耳を傾けて注意深く行動しましょう。そうすることでだいぶ危険度を下げることができます。海外では英語圏でなくても英語が話せると会話が成立可能な場合があるので、最も優先順位が高いのは英語ですが、なるべく英語圏に行くのなら英語を、スペイン語圏ならスペイン語をといった具合に現地の言語を少しは勉強していきましょう。話せなくても何とかなりますが、話せた方が色々な部分で都合が良いのは間違いないです。英語など現地の言葉を話せると気持ちの落ち着きも違っていますので。