Dティエムは、Rフェデラーの正当な後継者?(2018全仏オープン)

あとで読む

f:id:colombiacolom:20180610221449j:plain

ロジャー・フェデラーがテニス界の王者となり時代を席巻した2004年以降、幾人ものネクスト・フェデラーが現れては消えていったと記憶している。でもテニス界は、やっとそれに相応するテニスプレーヤーを手に入れたのではないだろうか。

Dティエムとは?

ドミニク・ティエム。1993年生まれの24歳。オーストリア人テニスプレーヤー。
ツアー通算、10勝。

全豪-ベスト16
全仏-決勝進出
全英-ベスト16
全米-ベスト16

ドミニク・ティームとも書かれる。(カタカナ表記の限界を感じます ....)

ティエムが、なぜフェデラーの後継者なのか?

似ている点が多い。

1,ビッグサーバー。+2ndサーブでもエースが取れる技術
2,サーブを返すのが上手い。+読みの良さと当て方に見えるセンス
3,片手でのバックハンド。+時間を作るスライスも得意
4,スピードと破壊力のあるフォア。+周りこんでの強打有
5,ディフェンスを支える足回りの良さ。+最後の一伸び有
6,映画に出てきてもおかしくない爽やかなイケメン。

 


簡単に言えば、攻撃性能の高いオールラウンダー

 


単純なビッグサーバー(昔で言うイワニセビッチ系)との大きな違いは、2と5の能力が有るか無いかです。歴史に残る名選手は、特にサーブを返す能力ディフェンス面での足回りが優れています。

代表的なのは、Pサンプラス、Aアガシ、Rフェデラー、Rナダル、Nジョコビッチ、Aマレー。(前の2人以外はまだ現役なのが素晴らしい)

ロジャー・フェデラーが歴史上No1の選手(たぶん異論はないはず)なので、それに代わる選手が出現するなんてことは簡単に起こり得ないのだが、彼のようなスーパーなテニスプレーヤーを見た以上、それに迫る次世代の選手の登場を望むのは至って普通なことでしょう。(ジョコビッチとマレーは時代を作った名選手だが、彼等はディフェンスの強さを基調とした名オールラウンダーと考えています)

 

Rフェデラーが王者につき、その牙城に彗星の如く現れたラファエル・ナダルが追いすがる時代が2010年くらいまで(全仏のみ逆の関係ですが)。

2人に少し陰りが見える中、NジョコビッチとAマレーという2人のオールラウンダーがトップに上り詰め、一時期はジョコビッチの1強時代とも言えた2011年くらいから~15年。
ツアーの出場を少なくすることでフェデラーとナダルが復活し、遅咲きのワウリンカが急成長して群雄割拠時代に入るも、今度はジョコビッチとマレーが怪我で離脱し、ワウリンカは怪我で急降下中なのが、2015年辺りから現在まで。

 

遂に新しい時代の顔となる選手が現れたと思います。

 

そう彼こそ、ドミニク・ティエム!!

その彼が全仏オープンの決勝に進出したのだ。心が躍らないわけがない。

もう1つの符号

PサンプラスとAアガシでテニスに魅了された私の中で、非常に印象深い試合の1つとして今も記憶に残るのが、ウィンブルドン4連覇中のPサンプラスを、若手の1プレーヤーだったRフェデラーが撃破した2001年のウィンブルドン(全英オープン)のbest16。

この時のフェデラーのプレー内容を見て、これは優勝するのではと感じワクワクしたものです。これは私以外にも多くのテニスファンが同じような印象を抱いた試合だっのではと思います。それぐらい勢いとセンスを感じました。(実際はヘンマンに敗れ、ヘンマンは優勝するイワニセビッチに敗れたのですが)

その後、2003年のウィンブルドンで、Rフェデラーは4大大会初優勝を果たし時代をけん引していくわけですが、振り返るとその時に王位の継承が行われたのだと思われてならないのです。

 

今回の相手は、ラファエル・ナダルだよと思った方、私はドミニク・ティエムは2人から王位を継承するのではと思っているのです。

 

その1つの試合に、2018年、全仏オープン決勝がなるのではと考えています。

Rフェデラーは、全英が最も得意で、+ 全豪、全米 >>>>>> 全仏で、
Rナダルは、全仏がとび抜けて得意で + 全豪、全米 > 全英の感じで、
Dティエムは、全仏 + 全豪、全英、全米どれも苦にしない予感が....


近い未来、どこかの4大大会準決勝か決勝で、Rフェデラーから勝利し、もう1つの王位を継承してほしい。そのためにも2018年、全仏オープン決勝でRナダルに勝つ必要があるのは言うまでもありません。

 

こんな事を書くと、フェデラーもナダルも嫌いなのかと思われるからしれないが、私が好きなテニスプレーヤートップ3は、Aアガシ、Rフェデラー、Rナダルです。(順位はつけられない)

 

でももういい加減、違う景色が見たい!!!!

 

ここ数年、ワウリンカはナダル、ジョコビッチを破ったのは素晴らしい。ただ若くないんですよねー。トッププレーヤーがいる内に、若手選手が4大大会を制覇するところが見たいんです。強い名選手を破ることで、若手の誰かが王位を継承するのではという期待感のある優勝が!それも2人のレジェンド、RフェデラーとRナダルのどちらか相手の優勝が。

今日ほど楽しみな決勝は久しぶりだ。相手は赤土の王ナダル。激闘は必至だろう。

Dティエム、時代を変えてくれ!! 君ならできる!

 

追記:ナダルの壁はデカく大きかったな~.....  強すぎだぜナダル。でもティエムは強い。次はやってくれるはず。